https://www.majima-masao.com

冬の『乾燥対策』美容も健康もすべては“保湿”から!

冬といえば気になるのが乾燥のせいで、唇やお肌がカサカサしたり、喉が痛くなってしまったりすることですね。

 そこで今回は、効果的な保湿の仕方や、乾燥を和らげるポイントをご紹介するので、是非参考にしてみてください。

乾燥対策は、春のインフルエンザ対策にも!

 朝起きたときに、喉がカラカラになっていた、なんてことよくありますよね。もし空中に寒冷乾燥を好むインフルエンザウイルスが漂っていたら、感染するリスクが高まりますが、インフルエンザウイルスは高温多湿に弱いという性質も持ち併せているので、お部屋の環境を「温度20度以上、湿度50~60%」に保つように心がければ、予防できるそうです。

加湿器

 部屋の乾燥を防ぐといえば加湿器ですが、部屋の湿度が高過ぎると加湿器の中にも細菌やカビが繁殖しやすくなるデメリットも。加湿し過ぎず、タンクは1日おきにクリーニングしたいですね。それに加湿器は、なるべくお部屋の真ん中に置いたほうが効果がUPして、カビや結露予防にもなってくれます。

観葉植物

 観葉植物には調湿効果があり、空気が乾燥しているときには蒸散をして湿度を上げてくれるそうです。タバコやペットの臭いを抑える消臭作用もありますし、何より植物を見ていると心が落ち着き、癒やされるのでインテリアにプラスするのもオススメです。

部屋干し

 マイナスなイメージがある部屋干しですが、水分を含んだ洗濯物を室内に干すことで湿度が自然と上がります。ただし、部屋干し特有の匂いを避けるため、なるべく日の当たる窓側に干しましょう。 また、洗濯物の間隔を空けて干すと匂いだけでなく雑菌の繁殖が抑えられます。

洗顔

 冬の洗顔で特に気をつけたいのは、寒いからといって熱いお湯で洗わないことです。 高温のお湯で洗うと、皮脂を落としすぎて水分が蒸発しやすくなり、乾燥するので35度前後の人肌ぐらいのぬるま湯での洗顔が肌にとっては最も刺激が少ないといわれています。

基礎化粧

 化粧水は、両手で顔を包み込むようにして馴染ませるハンドプレスで、しっかりと浸透させます。 手のひらで軽く化粧水を温めてから、優しく肌にプレスしましょう。化粧水の後は、かならず乳液やクリームを使ってください、乳液などでフタをしないと、水分が蒸発して余計に乾燥してしまいます。

ハンドクリーム

 手や爪の乾燥対策としてこまめに使いたいハンドクリーム。手の平や甲に適量出したら、優しくこすりながら温めます。最初に温めることで、伸びが良くなり肌への浸透力も高まります。 手自体も温かいとより効果的なので、ぬる前にまず手をすり合わせて温めましょう。

最新記事
タグから検索
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square

© 2023 by Name of Site. Proudly created with Wix.com