https://www.majima-masao.com

自然乾燥&ドライヤーと髪の大切な関係!

 シャンプーをした後に、ドライヤーを使わずに乾かすことを自然乾燥と言います。

「ドライヤーの熱は、髪に悪そうだから」、「面倒くさいから」等で、自然乾燥をするという話を良く聞きます。

 自然乾燥とドライヤーのメリット・デメリットと傷みにくい髪の乾かし方を確認して良いとこ取りしてください。

自然乾燥の良いところ

 ドライヤーをする手間がかからないので楽です、長い髪をドライヤーで乾かそうとすると、時間がかかりますから。

 ドライヤーの熱のあて過ぎは、髪のダメージとパサつきにつながりますが、自然乾燥だと髪を乾燥させ過ぎる心配はありません。

 ドライヤーの熱は、せっかくのパーマやカラーが取れやすくなる原因になりますが、自然乾燥ではその心配がありません。

自然乾燥の悪いところ

 髪には常在菌が潜んでいるので、濡れている状態が続くと雑菌が繁殖してしまい、においやかゆみの原因になります。髪を濡らしたまま寝てしまうと枕と髪が接触している部分は湿度が高まるため、より菌が繁殖しやすくなります。

髪が傷みやすくなる

 濡れた髪は、キューティクルが開いたままになっています。「キューティクル」とは、髪の表面を覆っている魚のうろこ状の組織ですね。開いた状態のキューティクルは、はがれ落ちやすく、またブラッシングなどで簡単に傷つきます。

 半乾きの状態でブラッシングや、そのまま寝て枕に頭をあててしまうと、摩擦によりキューティクルが剥がれて傷つきやすいです。(パサつきや枝毛の原因にもなります)

 ツヤのあるキレイな髪は、このキューティクルもキレイで傷んでいません。

「髪が濡れている時間」=「キューティクルが開いている時間」ですので、ドライヤーに比べ自然乾燥だと、キューティクルが傷む危険に長時間さらされます。

寝癖がつきやすくなる

 髪は、乾いた時に結合されて髪の形が決まります。中途半端に濡れた状態で寝るとと、朝起きた時に寝癖がついてしまいます。

薄毛の原因になります

 髪が濡れたままだと、頭は冷えてしまい頭皮の血行が悪くなります。発毛には、頭皮の血行が重要なので、血行が悪くなると薄毛の原因になります。

ドライヤーで髪を乾かすデメリット

 ドライヤーのデメリットとしてまず頭に浮かぶのは、「めんどくさい」です。髪は熱に弱いという性質があり、髪を傷めてしまうかもしれないというデメリットもあります。

 長時間ドライヤーをあてすぎると、髪の水分が必要以上に奪われ、パサパサになってしいます。

 頭皮にあてすぎると、髪ではなく頭皮の乾燥に繋がり、結果的に髪のトラブルをまねきます。

ドライヤーで髪を乾かすメリット

 ドライヤーで乾燥する時はドライヤーを近づけすぎないように、出来るだけドライヤーを動かし続けるように、という点には気を付けましょう。それさえ守ればドライヤーの熱による心配はほとんどありません。

 髪は濡れている状態だとなにかと髪を傷める要因が増えるため、出来ることなら洗髪後は速やかにドライヤーで乾かすべきです。

キューティクルを正常な状態に戻せる

 髪の毛が濡れている時は、表面のキューティクルが開いていて傷みやすい状態です。髪の内部の栄養が出てしまいキューティクルが剥がれ落ちやすいです。

早めにドライヤーでしっかり乾かすことで、キューティクルを正常な状態に戻します。

寝癖が付きにくい

 朝起きたらへんな寝癖がついている時は、夜しっかり髪を乾かしていない証拠です。しっかり夜に乾かしておけば翌朝の寝癖も和らぎます。

地肌が健康に

 頭皮(地肌)をきちんと乾かすと、頭皮トラブルや臭いの原因を作る雑菌の繁殖を防ぐことができます。しっかり根元から乾かして、地肌と髪の健康を保ちましょう。

自然乾燥とドライヤーどちらがいいか?

 自然乾燥とドライヤーのメリット・デメリットを上げましたが、どちらの方がいいのか。

 自然乾燥によって予想される様々なトラブルはなかなか避けられませんが、ドライヤーを使うことによるデメリットは解消しやすいです、また自然乾燥のメリットはドライヤーを使う場合でも得られるので、ドライヤーを使う方がおすすめです。

ブラッシングは髪を乾かしてから

 髪をブラッシングするのはキレイな髪を保つためにも大事な習慣ですが、髪が濡れた状態でブラシをかけるのは髪を傷める原因となります。

 髪が濡れているとブラッシングの通りが悪くなり、ブラシが髪にひっかかってしまい、この抵抗が髪を傷めてしまう原因となるためブラッシングは髪が乾いている時に行いましょう。

効果的な髪の乾かし方
水分を沢山含んだ髪をいきなり乾かすのはNG

 髪が水分をたくさん含んだ状態でいきなりドライヤーをかけることはNGです。水分をたくさん含んだ髪はキューティクルの層の間に水分子を多く挟んでいるので、水分を多く挟んだままのキューティクルにドライヤーで温風をあびせると、キューティクルが割れます。

 きちんと乾かしているのに何故か毛先が堅くなる、枝毛が増えるとお悩みの方は一度タオルドライのやり方を見直しましょう。

正しいタオルドライの仕方

 普段の習慣で何気なく行っていることが、実は髪を傷める原因になっているかもしれません。

 髪を洗い終わった後タオルで髪の水分を取りますが、力任せに髪を扱っていませんか。ゴシゴシこすると早く髪が乾くように思いますが、これは大きな間違いです。

 濡れたままの髪はとてもデリケートなので、すこしの摩擦でも切れたり傷んでしまいます。

タオルドライのコツ

 タオルドライは髪とタオルの間の空気をかき混ぜるような感覚でしましょう。タオルを持った手をお椀型にして頭全体を優しく包み、シェイクするように髪の根元の水分を重点的にふき取ります。

 根元の水分が取れたら、次は毛先の水分をタオルに移し替えるような感覚で、毛先をタオルで挟みポンポンと叩くようにすると、髪全体の水分を効果的に取り除くことが出来ます。

ドライヤーの使い方

ドライヤーを使う際の注意点・コツは、

  • ドライヤーを近づけすぎないように

  • 出来るだけドライヤーを動かし続ける

  • 最初はドライヤーの熱が根元に行くように

 この3点を注意することで、ドライヤーの熱で髪が傷んでしまう可能性は減ります。根元がしっかり乾けば、毛先は乾きやすいので、仕上げに軽くドライヤーで髪全体を乾かしましょう。

 ドライヤーの熱が髪にあたる時間を短くすることがポイントです。

 自然乾燥とドライヤーのいいとこ取りをすれば、いつもキレイな髪でいられます。

 効果的にタオルとドライヤーを使う事で、自然乾燥をやめるようにしましょう!

タグ:

最新記事
タグから検索
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square

© 2023 by Name of Site. Proudly created with Wix.com