https://www.majima-masao.com

お正月太りに、簡単対策ダイエット!

年末年始は、あまり動かないのにたくさん食べるから太る人が殆どですね。

実家に帰省し、ひたすら食事やデザートを食べた人は、太った理由が明確に分かりますが、「そんなに食べていないのに体重が増えた」、「忘年会のときのほうが暴飲暴食していたのに、お正月休みで太った」という人も、中にはいるのでは?

 そんな方が太った理由は、ズバリ「消費カロリーが減ったから」です。

 仕事をしているときは、通勤や外回りで多少なりともカロリーを消費しますし、友人とのおしゃべりだって、立派なカロリー消費です。しかし年末年始で「一日の大半は家で座っているだけ」で、動くとすれば、「初詣などにほんの少し外出するときのみ」の場合は極端に消費量が少ないのです。すると、当然、いつもと同じ食事量でも、太ってしまいます。

“お正月太り”は定着する前にプラマイゼロにする事が大切です。

 脂肪になってしまったあと痩せるのは大変!だからこそ年末年始で食べ過ぎてしまった場合、1月の内に調整し、“プラマイゼロ”にしましょう。

①とにかくしっかり寝る

満腹でない状態で寝る・長時間寝る

一見、寝る間を惜しんで運動をしたほうが痩せそうな気がするけれど、睡眠中は立派なカロリー消費タイムです。睡眠時のカロリー消費効率を上げるためには、

・満腹でない状態で寝る ・しっかりまとまった時間眠る

ことが大切。仕事が始まると、朝起きる時間は決まっているため、夜早く寝ることが重要です。満腹すぎる状態でベッドに入ることがないようにだけ気をつけましょう!

②夕飯を調節する

早い時間に食べる・食べ過ぎない・炭水化物カット

 ダイエットをもっとも効果的かつノーストレスで行うためには、3食のうち、夕食を調節するのがおすすめ。「18時以降食べないダイエット」が存在するように、夜遅くに食べ過ぎてはいけません。また、夜ご飯は、あまり食べ過ぎず、3食のうちもっとも少ない量を食べるつもりで過ごしましょう。満腹状態で睡眠をすると、消化不良を起こす可能があるので、早い時間からしっかり眠るためにも、必ず守って。

 また、一般的に、「これから活動する朝昼」よりも、「活動をしない夕方」の食事を控えめにすることで、太りにくなると言われています。そこで、夕飯のみ、炭水化物や糖質を抜くなどしてみましょう。朝昼は自由に食事のチョイスができるため、食事制限がつらく感じないはずです。

③日常でできる運動量を増やす

一駅歩く・階段を使う・電車で座らない 

 摂取カロリーを抑えるのも良いけれど、消費カロリーを増やすのも、ダイエットでは重要なポイント。ちょっとしたつまみ食いが重なり太るのと同じく、軽い運動をちょこちょこ行うことで、痩せることはできます。具体的には、

・一駅歩く ・エスカレーターやエレベーターではなく階段を使う ・電車で座らない

などが、簡単に取り入れられるので良いでしょう。階段は、上りが大変な場合、下りだけでも使うようにしてみて。通勤用に歩きやすい靴を用意して履きかえるようにすると、一駅歩くことや座らないことがラクにできるようになりますよ。 

④代謝アップを目指す

無酸素運動をする・湯船に浸かる・白湯を飲む

 消費カロリーのアップに欠かせないのは、代謝を上げること。代謝アップに向いている運動は、ジョギングなどの有酸素運動ではなく、筋トレのような無酸素運動です。室内でできる腹筋運動等であれば、寒い季節でもできるはず。ぜひ、毎日の習慣にして。

また、冷える季節は、身体を温めることも代謝アップには欠かせません。毎日湯船に浸かり身体を温めるようにし、飲み物は、基本的に常温か温かい物をチョイス。無駄なカロリーと糖分を摂取しない意味も込め、喉が渇いたら白湯を飲むようにして。“太った”分は今月中にリセットしましょう。

 定着した脂肪を落としたり、継続中の肥満をダイエットしたりするのはなかなか大変。つらい食事制限と運動をしないと、簡単には結果を出すことができませんが、お正月に太った分は、今リセットすれば、簡単に元の体重に戻すことができます。

つらいダイエットをしたくないのあれば、当月中に、ちょっとした調整をすることで、太った状態を長引かせないのがおすすめです!

最新記事
タグから検索
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square

© 2023 by Name of Site. Proudly created with Wix.com