https://www.majima-masao.com

夏は瞳の日焼け対策も!

 夏の紫外線で日焼けしないように、お肌や髪の紫外線対策をしている方のお話はよく聞きます。美肌のための 日焼け予防は大切ですし、効果も絶大です!ですが、目の日焼け対策に関しては無頓着な方も多くいらっしゃいます。

 お肌と同じように目の日焼け対策をして、綺麗に健康に夏を満喫してください!

目が日焼けするとこんな影響が!

疲れ目やドライアイになります!

乾燥や紫外線は、目の充血や疲労、悪化すれば目の病気にもつながってしまいます。

全身の日焼けにつながります!

 目に紫外線が入ると、外に露出していない部分の肌まで日焼け肌になります。紫外線は、人にとって、細胞のDNAを書き換えてしまう大敵なのです。目に紫外線が入ることで、角膜が紫外線を察知し、活性酸素を大量に発生させちゃいます。すると、脳は紫外線から細胞を守るために全身のメラノサイト(色素細胞) を活性化させて、日焼けやシミの元となるメラニン色素を作ってしまうのです。その結果、目に紫外線が入るだけで、紫外線を浴びていない部分の肌まで全身が日焼け状態 になってしまうのです。

夏バテしやすくなってしまいます!

 最近は、紫外線が激しい疲れを引き起こすことも明らかになっています。疲れの原因となる活性酸素は、太陽の光に含まれている紫外線を浴びることでも、体内で作られます。活性酸素の増加が夏の疲れやすさに影響しているのです!

 ゴルフやマラソン中継を見ていると、サングラスをかけている選手をよく見かけます。 あれは太陽のまぶしさを防ぐためだけでなく、目から直接入る紫外線をカットして、疲れを防ぐ効果もあるのです。夏の日中の、外出時や屋外での運動の際は、サングラスをかけると疲れの度合いが変わります。ちなみに紫外線は、曇りの日でも多く降り注いでいます。

目の日焼け対策に!

☆日傘やつばの広い帽子を使用する

 大きめの日傘や帽子は日光から肌を守るだけでなく、目を守ります。しかし、海面や地上からの照り返しに対しては不十分なので、サングラスなどを併用しましょう

☆UVカットのサングラスをかける

 日差しから瞳を守るために、有効な手段です。しかし、色味が濃いのにUVカットの効果のないレンズは逆効果です、暗く感じて瞳孔が開くと紫外線の吸収量が増えてしまうので、かけないほうが良いでしょう。

☆UV対応コンタクトレンズをする

 ネットや路面店で売っているカラコンではなく、眼科専門医に処方される多くのコンタクトレンズは、UVカットの機能がついています。

☆目薬をさす

 瞳の乾燥を防いで潤いを補給します。抗炎症作用のある目薬が効く場合もありますが、目薬をさしてよくならないときは、近くの眼科医を必ず受診しましょう!

 綺麗な瞳は美人の第一歩です。紫外線を甘く見てしまい、ケアを怠れば全身の老化やダメージに繋がります。眼差し美人になるためにも日焼け対策の参考にしてください!

最新記事
タグから検索
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square

© 2023 by Name of Site. Proudly created with Wix.com