https://www.majima-masao.com

梅雨対策は毎日のシャンプーから!

 梅雨だから、髪型がまとまらないのはしょうがないって話をよく聞くけれど、普段のケアでまとまりやすい髪に少しでも近ずくようにしてあげることはできます!

 梅雨対策のために自宅で自分で行うケアは、シャンプーとドライですね!このやり方で、髪質は変化するのでスタイリングの持ちも変わります!

 簡単なので、ただ義務的に洗うというイメージではなくて、育てるイメージで髪のお手入れは楽しんでください! 

1 シャンプー  髪よりも地肌を洗うことが大切!

 髪への刺激を抑えて泡立ちを良くするために、ぬるめのお湯で1〜2分流してからシャンプーしましょう。洗顔と同じようにシャンプーも手で泡立ててから使ってあげてると更に摩擦の負担が無くなるからダメージが減ります!

 髪をゴシゴシするのではなく、地肌の皮質を洗うために指で地肌をマッサージする感覚で洗ってあげるようにしましょう。

2 コンディショナー・トリートメント  根元より毛先に付けることが大切!

 保湿やコーティング効果があるので、地肌に付けるとベタついてボリュームダウンやまとまりの悪さの原因になります。

 髪の中間から毛先に重点的につけて、しっかり流してください。トリートメントは残っていると効果は逆に悪くなってしまします!

 特に大切なのは時間を置くことです。3分以上置くと、効果はより良くなるのでゴムで縛っても良いので時間は置いてあげましょう!

3 ドライ   放置時間はなるべく短く!

 髪は温めた状態から冷える時に形がつきます。つまり、自然乾燥だと洗い上がりのうねりやペタッと潰れた状態が形になっちゃいます。

 自然乾燥よりもドライヤーで、ペタッとしていたらボリュームがでるようにふんわりと、膨らんでいたらタイトに抑えながら。うねりが気になれば伸ばしながら、直毛や跳ねが気になれば内巻きにねじりながら乾かしてあげることが大切!

 根元が乾いていないと梅雨に負けちゃうから、しっかり乾かしてあげるように!

4 アウトバス   オイルやミルクで紫外線やダメージから毛先を守って!

 オイルやシアバターをつけてあげましょう、梅雨の紫外線で痛むとまとまりが悪くなっちゃうから。根元につけちゃうと潰れたり地肌のベタつきに繋がるので毛先と、特に紫外線を浴びやすい表面やお顔周りにもしっかりつけましょう。ドライヤーで乾かす時にはもちろん、出かける時に少量毛先や表面につけてあげるのもオススメです!

 何度も言いますが、ただ髪を洗うだけではなくて、髪を美しく育てていると自覚しながら毎日のケアをしてあげてください。髪は喜んで梅雨にも負けないまとまりのある髪質になり、スタイリングもやりやすく長持ちするようになりますよ!

最新記事
タグから検索
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square

© 2023 by Name of Site. Proudly created with Wix.com