https://www.majima-masao.com

SPFとPAを理解して素肌美人に!!

 夏になったら日焼け対策をしよう。なんて、遅すぎます。暖かく気持ちのいい日が多くなってきたから、そろそろ外出する時は紫外線の対策を始めないと駄目!  紫外線と聞くとシミ、ソバカス、シワの原因となるのは皆知っているけど、髪の毛にだって悪影響を及ぼします!

 紫外線が毛髪に当たると紫外線は吸収され、毛髪を構成しているアミノ酸が酸化されることで毛髪のケラチンタンパクにダメージがでちゃいます。ちなみに、プールや海水浴など、髪が濡れた状態で紫外線を浴びると、よりダメージしてしまうので注意が必要です。

 紫外線といえば夏というイメージがありますが実は今の時期から急激に増え始め、5~6月には真夏と同じ位の量になるので今の時期からしっかり予防しましょう!手を抜きがちな曇りの日だって薄曇であれば、ほぼ快晴の日と変わらない量の紫外線が地上に降り注ぐので油断しては駄目!  紫外は、ビタミンDを生成したり、皮膚病の治療に用いられたり、殺菌作用があるなど良い影響ももちろんあるからこそケアをして味方にしないとなんです。

 紫外線は3種類のuvが有ります、その中のUV-Cはオゾン層が守ってくれています。残りの2つのUVの及ぼす影響も理解してください!

UV-Bはほとんどがオゾン層や雲に阻まれますが、一部は地表へ到達し、皮膚や目に影響を与えます。UV-Aは地表に届く紫外線の大部分を占めていて雲や窓ガラスも透過して肌の奥まで届きます。  UV-Aは肌の黒化、シワ、タルミの促進の原因となりUV-Bは肌の炎症、シミ、ソバカスの生成を引き起こします!  UVでも身体に与える影響が違うことを先ずは理解してください、そして、いよいよ、、、日焼け止めの用語確認です!

SPFの効果!

 SPFは、サンプロテクションファクター(Sun Protection Factor)の略で、主にUV-B(紫外線B波)の防止効果を表す目安の数値で、数字が大きいほど効果が高いです。この数値の違いですが、50だと50時間効いて30だと30時間効くという意味では無いです。

 紫外線が当りだしてから日焼けして赤くなるまで、人によって個人差はありますが、だいたい15分~20分と言われています。

 それをたとえばSPF30なら30倍遅らせることができる…という意味です。

 仮にSPF30なら、

日焼けしやすくて10分の方は10x30=300分つまり5時間

日焼けまで20分だとしたら、20x30=600分つまり10時間

 日焼け止めを塗ったからといって100%日焼けを止める訳では無く、日焼けを遅く出きるよということなのです。

つまりSPFとは決まった「時間」ではなく、個人の日焼けして赤くなるまでの防御力(強さ)の補強ですので効き目には個人差があります。

 強ければお肌の負担になるので、選び方のポイントは、通勤やおつかいなど1時間以内のお出かけには35程度、1時間以上のレジャーやスポーツには50以上を使うことをおすすめします。  また日焼け止めは時間が経つとともに効果が減ってきます。こまめに塗りなおしましょう。

PAの効果!

 PAは、プロテクショングレイドオブUVA(Protection Grade of UVA)の略主にUV-A(紫外線A波)の防止効果を表す目安の数値です。+の多さがUV-Aに対する効果の高さです。++++、+++、++、+の4段階があり下記のように設定されています。

PA++++極めて高い効果がある

PA+++非常に効果がある

PA++かなり効果がある

PA+効果がある

 強ければ負担になるので室内で過ごすかどうかで変えることがオススメですが、シワやたるみ対策でも、紫外線A波で特に気にして欲しいのは、春・夏以外でも「そこそこ降り注いでいる」ということです。

 僕のオススメは普段は、強すぎ無い日焼け止めを朝出かける前と、昼過ぎにこまめに塗ることです。アクティブに遊ぶ時は強めにして、水や汗などで流れたと感じた時は塗り直してください。

 成分を確認しながら日焼け止めも2種類くらいの使い分けしている人も沢山います!

 美白をキープするために日焼け止めを選ぶ時の参考にしてください!

最新記事
タグから検索
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square

© 2023 by Name of Site. Proudly created with Wix.com