https://www.majima-masao.com

ほうれい線・シワの簡単対策!

 女性陣は、ほうれい線という、ブルドッグラインなんて薄くてもつけちゃダメ。毎日の生活で予防も改善も出来るので諦めずに綺麗になる生き方を意識してほしいです!
ほうれい線対策に日常で効果的な5つの簡単対策!

 食事の時に噛む回数を増やす

 柔らかいものばかり食べているのも口や顎周りの筋肉が衰える原因になるので固い食材も食べるようにしましょう。理想回数は、しっかり噛んで食事をすることが大切で1回で30回以上は噛むようにすると良いです。

 ほうれい線以外の効果として噛む回数を増やすと、口輪筋を鍛えられるから小顔効果もあるし、唾液の量が増えると虫歯予防になるし、満腹感が得られやすくダイエット効果もあリますよ!

 しっかり噛むことで顔の筋肉を鍛えてダイエットにもなるので、左右均等に噛むようにしましょう!

 隙間時間のながらのツボ押し
 テレビ見ながらでも、肩や腰のセルフマッサージのようにお顔の中心を押してあげると血行も良くなり筋肉の緊張をほぐしてくれるから表情も豊かになります。
救後(きゅうご)目尻の斜め下、骨のくぼみ!
四白(しはく)下まぶたの中央から1.5cmほど下がったところ!
迎香(げいこう)小鼻のワキ!
地倉(ちそう)口角の横!
 代表的な箇所をあげてみましたが、どこを押しても効果はあります、指の腹を使っていたくない程度にゆっくり押して下さい。

猫背を治して姿勢を意識

 姿勢が悪く首が曲がると、頭の重みがそのまま顔にくるから頬のたるみの原因になります。デスクワークをしている時や歩いている時も、たまに鏡やショウウィンドウに写った自分を見てみると以外と猫背になっていことも。

 背を治すためには常に姿勢を意識することも、凝り固まった筋肉をほぐすことも大切。肩こりなどで、肩甲骨回りデコルテの筋肉が凝ると、肩が前に倒れるから猫背になりやすくなります。

美顔ローラーを使う

 テレビを見ながら、お風呂に入りながらコロコロ出来る美顔ローラーは、頬のたるみ対策の強い味方で簡単便利で、高価なものからお手軽価格のものまで色々ありますが、僕が好きなのはRefaです、コピー類似品も出ていますが楽天市場にもYahooショッピングにもMTGのオンラインショップがあるので便利ですよね。

 大きいサイズもありますがお顔に使うのにはこちらのサイズが僕はオススメです!使い方の説明はサイトを覗いて貰えば説明してるのでこちらでは省きます!

下をクリックすると説明出ています!

 もちろん顔だけでなく身体にも使えるので、エステに行く時間もないし、エクササイズも面倒という方におすすめです。

食事から改善

大豆イソフラボン

 大豆イソフラボンは女性ホルモンのエストロゲンの働きと似ています。このエストロゲンはコラーゲン生成に関わっているのですが、年齢とともに徐々に分泌量が減ってきます。

 エストロゲンの減少とともにコラーゲンも作られにくくなって、しわや頬のたるみができるようになるのです。イソフラボンが含まれる大豆製品はきなこ・納豆・豆腐ですね。

緑黄色野菜に含まれるβ-カロテン

 目のビタミンといわれるβ-カロテンは、皮膚や粘膜の保護にも関わっているので、不足するとお肌がかさついたり、肌荒れしやすくなっちゃう。β-カロテンは脂溶性なので油との相性がとても良いビタミンです。緑黄色野菜のソテーは油を使うので吸収率も良くなりますし、かさも減って食べやすくなるのでおすすめです。

コラーゲン生成に関わるビタミンC

 定番ですが、基本が大切!エストロゲンと同様にコラーゲン生成に関わるビタミンC。

水溶性ビタミンなので、たくさんとっても尿や汗で流れ出てしまうので、毎日継続して摂ることが大切です。抗酸化作用があるので、シミやシワも防ぐアンチエイジング効果が期待できます。

  • レモン・パプリカ・キウイ・アセロラ・いちご・など。色鮮やかな食材が多いですね。

シワとたるみは別物です!!

是非たるみは意識しながら、歳と同じように幸せな笑い皺を重ねて欲しいです。

最新記事
タグから検索
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square

© 2023 by Name of Site. Proudly created with Wix.com