https://www.majima-masao.com

美容のためにGI値も意識して!

GI値を聞いたことが無いというお客様がいたので、、、

食事をすると、食べたものは体内で「糖」になり血液中を流れますよね。

つまり食事により「血糖値が上昇」します!  作られた糖はカラダを動かすエネルギーになりますが、急激に増えると「インシュリン」というホルモンが働いて血糖値を下げようとします、インシュリンには脂肪を作り脂肪細胞の分解を抑制する働きがあるので、分泌されすぎると肥満の原因ともなってしまいます。  なのでインシュリンの分泌は抑えたほうが良く、血糖値の上昇をゆるやかにする食事が太りにくい体を作ります。 そこで目安に「GI値」です。

GI値とは、グリセミック・インデックス(Glycemic Index)の略で、その食品が体内で糖に変わり血糖値が上昇するスピードを計ったもので、ブドウ糖を摂取した時の血糖値上昇率を100として表しています。このGI値が低ければ低いほど血糖値の上昇が遅くなり、インシュリンの分泌も減ります!  なので、GI値が低い食べ物ほどゆっくりと吸収されるため腹持ちがよく、ダイエットにもぴったりの食材ですが、GI値は、調理法や食べあわせなどでも変化をします!

1 精白されていないほうが低い

 米や麦などの食材は、精白されているものよりもされていないほうが、食物繊維やミネラルが残っているのでGI値が低くなります。

白米>玄米        白パン>全粒粉パン

2 果物はジュースにせずそのままのほうが低い

 果物にも食物繊維が多く含まれますが、ジュースにすると食物繊維が細かくなったり、取り除かれます。なので、同じ分量でもジュースの方が多く糖質を含むことになります。果物はそのままのほうがGI値が低いです。 また食後に果物を食べると血糖値が上昇してしまうので、間食のほうが良いです。

  フルーツジュース>カットフルーツ

3 GI値を下げる食品

GI値が高い食品を食べる時は、他の食品のGI値を下げる効果のある「酢」や「食物繊維」「乳製品」「豆類」を合わせてバランスを取るのがオススメ!

  もろみ酢、レタス類、チーズ、豆腐

GI値を抑えるために食物繊維の野菜ばかりだと栄養的に問題があるので、主食や副菜の中でGI値の低い食品を上手に組み合わせてバランスよく食事をすることが大切です。 ちなみに、GI値が低い食品は「消化がゆっくり」なものなので、消化機能が弱っている時は胃腸の負担になることもあります。

 参考までに!

GIが70以上の食品を高GI食品 56~69の間の食品を中GI食品 55以下の食品を低GI食品と振り分けると考えやすいです!

穀類

大麦22 茹でた押し麦46 茹でた大豆15 もち米87 もち48 クロワッサン67 ベーグル69 ライ麦パン50 白いパン71 ハンバーガーのバンズ61 イングリッシュマフィン77 フランスパン57

野菜類

茹でたにんじん33 じゃがいも66 茹でたじゃがいも49 フライドポテト70 マッシュポテト83 茹でたサツマイモ44

果実類

グレープフルーツ25 プルーン29 ドライアプリコット30 アプリコット34 りんご40 プラム24

いちご40 オレンジ40 桃28 オレンジマーマレード40 ぶどう43 マンゴー51 ブルーベリー53

キウイ58 ドライイチジク61 バナナ47 アメリカンチェリー63 レーズン64 パイナップル66

すいか72

豆類

茹でた干しエンドウ豆22 茹でた赤エンドウ豆29 茹でた白インゲン豆31 蒸したうずら豆33

茹でたひよこ豆33 ベイクドビーンズ、缶詰40

乳製品

脱脂乳32 ミルク34 ギリシャヨーグルト、ハチミツ36 コンデンスミルク61

菓子類

ブルーベリーマフィン59 ブラン(ふすま)マフィン60 パンケーキ66 ドーナッツ75

スコーン92 ショートブレッド64 ピーナッツ13 ポップコーン55 チョコレート49

加工食品

ラザニア28 サーモンのすし48 スパゲッティボロネーゼ52 ハンバーガー66 チーズピザ60

ミネストローネ48 トマトスープ52 ハチミツ58

身体を作るのは食材ですから参考にしてください!

最新記事
タグから検索
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square

© 2023 by Name of Site. Proudly created with Wix.com