https://www.majima-masao.com

腸から美人になっちゃう方法!

 前回、腸がどれだけ大切かをお伝えしましたので、美しくなるためにどれだけ大切かイメージしていただけたと思います!

 さっそく食事とライフスタイルで腸内環境を整える美活を始めてください。

善玉菌は食事で増やせる!腸が喜ぶ食材は?

 大腸は健康状態を、自分でコントロールすることができる唯一の臓器です。しかも食べ物でコントロールすることができるので、食生活を改善すれば、3日から1週間ほどで、善玉菌が優勢の理想的な状態になります。

 食材で一番大切なのはやはり野菜です、食物繊維を多く摂れるので、便秘解消だけでなく、便の状態を良くして、ビフィズス菌も増加させます。種類を沢山食べられるように、3~5種類を組み合わせたり、温野菜やスープにするなど献立次第でいくらでも野菜はとれます。

 次に、挙げられたのは"プロバイオティクス"。これは、身体によい働きをし、生きたまま腸に届く微生物、そしてそれを含む食品のことです。

 具体的には、ヨーグルトや乳酸菌飲料、チーズや納豆などの発酵食品です。プロバイオティクスで摂った微生物は、腸に定着はしませんが、もともと常在しているビフィズス菌や乳酸菌を増やします。それによって、腸のぜん動運動を活発にする酢酸や乳酸を産生するので、定期的な排便を促し、善玉菌優位の腸内環境を作ります。プロバイオティクスには、花粉症などアレルギー症状の緩和や血中コレステロールの低下、胃ガンの原因になるピロリ菌の増殖抑制など、実に多くの効果があるとされてます。

相性のいい善玉菌は人それぞれ違う!

 ヨーグルトにはさまざまな善玉菌が使われていますが、人によって効果的に働くものが違います。それは腸内細菌の種類や数などが人それぞれ異なるからです。腸内環境を整えることのできる善玉菌も人それぞれ違うのです。まずは1~2週間ほど同じヨーグルトを食べ続けてみて、便通がよくなったり、便の質がよくなったら、それは自分に合った善玉菌が含まれているということ、変化を感じないときには種類を変えることも良いでしょう。

 食べるタイミングも大切です。乳酸菌、ビフィズス菌は胃酸に負けてしまうことがありますから、大腸に届けるためには空腹時を避けて、食中か食後がオススメです。

体内には水も大切!

 大腸は、食べ物の残りかすから水分を吸収して便を形成しますから、水分が不足すると残りかすが固まっていき便秘になります。1日に1.5~2ℓを目安に、こまめに飲むように心がけましょう。また、朝起きたらコップ1杯の水を飲むと空っぽになった胃が刺激されて、腸のぜん動運動が活発になり、便意を催します。この朝のタイミングを逃さないと体質はどんどん改善されます。

 更に、朝ゆとりがあれば、お水よりも白湯が良いです。冷たいものはむくみやすくなりますし、温かいお湯の方が内臓の働きをより利活性化させてくれます。

 飲まない→お水→白湯・の順番ですね!

簡単チェックPOINT

(1)大腸は唯一、食べ物でコントロールすることができる臓器です。肉中心の食生活だと悪玉菌が優勢に傾くので、肉を食べたら野菜をその3倍摂るようにすると良いです。

(2)普段の食生活に、上手に発酵食品を取り入れてみましょう。代表的な発酵食品には、ヨーグルト、乳酸菌飲料、チーズ、納豆などがあります。

(3)腸内細菌のパターンには個人差があります。いろいろな食品を試しながら体調の変化を観察し、相性を見極めて、自分に合った食材を。

(4)食物繊維は小腸では消化されずに大腸へ送り込まれ、便の材料となって便の質を高めてくれます。厚生労働省の食事摂取基準で設定されている目標量は、女性が1日17g以上、男性が19g 以上です。

(5)空っぽになった胃に水が送られると、腸にぜん動運動が活発になります。溜まっていた食べ物の残りかすが腸へ送り込まれて、便意を催します。便秘がちな人は特に起きたらまずお水を。

乳酸菌・ビフィズス菌の特徴

 善玉菌である乳酸菌、ビフィズス菌も、その種類は数多くありますが、ビフィズス菌入りのヨーグルトは以外と少ないです、ヨーグルトを食べる時は菌もチェックするとオススメ!下に主要な菌を乳酸菌とビフィズス菌に分けてまとめたので参考にしてみてください。 相性のいい菌は人それぞれ違うので、いろいろなものを試してみましょう。

乳酸菌

ブルガリア菌・アミノ酸、アミノ酸化合物・ペプチドなどを産生!

サーモフィルス菌・ヨーグルトを作る時の主要な乳酸菌のひとつ。ブルガリア菌を増殖させるギ酸を

産生!

ラムノーザス菌・胃酸や胆汁酸に強く、大腸まで届いて腸内環境を改善!

カゼイ菌・小腸の運動や、栄養分の消化・吸収を助ける!

ガセリ菌・胃ガンなどの原因になるピロリ菌を抑制する乳酸を作ると見られる!

ビフィズス菌

ビフィダム菌・世界で初めて発見されたビフィズス菌。コレステロールを吸収する働きがある!

ロングム菌・大腸まで届いて善玉菌を増やし悪玉菌を減らす働きがある!

アドレスセンティス菌・健康な腸内で活動しビタミンを合成する!

ブレーベ菌・乳児の腸内にいるビフィズス菌。O-157 の増殖を抑制する!

腸を美人にする習慣

 一番は、適度な運動で、おすすめはウォーキング。腸と骨盤の間にある筋肉・腸腰筋(ちょうようきん)を鍛えられるので、排便力を高めることができます。それに、歩くことはストレス解消にもなります。ストレスは腸内細菌のバランスを崩す大きな原因のひとつ。

 他には、良質な睡眠、規則正しい生活を心がけ、ストレスを溜めないようにすることです。

 腸内細菌は、うつ病やアルツハイマーなどに関係しているとも言われています。

 脳と腸の老化防止に役立つのは、友人や知人と会う機会を多く持つこと、美術や音楽など芸術に触れて感動を味わうこと。年齢を超えて、常に新しいことにチャレンジしている人は、体力も気力もあり、見た目も若々しい傾向にあります。

簡単チェックPOINT

(1)インナーマッスルを鍛える運動やストレッチが、腸のぜん動運動を活発にし、排便力を高められます。ウォーキングは血行がよくなるので、老廃物の排出やストレス解消にも。

(2)人と会うために積極的に出かける、美術や音楽などの芸術に触れ感動を味わうなど、アクティブに生きている人は、腸年齢が若く、脳の老化現象が少ないという傾向にあるそう。

(3)起き抜けのリラックスした状態が、排便にはベスト。ただ朝は家事や支度などで忙しいため、タイミングを逃すことも。朝30分早く起きるなどして、定期的な排便のためのリズム作りを。

病気になりにくい身体も、つややかな肌や引き締まったボディラインにも、腸の健康は繋がっています。腸をいたわればきっと、鏡を見るのが楽しくなるような"若々しい自分"に出会えます。美は内面から溢れ出ます。是非試してみて、いつまでも美しくいて欲しいですね!

最新記事
タグから検索
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square

© 2023 by Name of Site. Proudly created with Wix.com